FUKURENKOBTO

記事一覧(6)

アニマルコミュニケーション

FUKURENDOHアニマルコミュニケーションは

【動物の気持ちが分かる】という表現より【動物からのお話を受け取る】という表現のほうがしっくりくる気がします。
 ★好きな(嫌いな)食べもの/おもちゃ/人/事 ★体どこか辛いところはないのか? ★いつも散歩で会うあの人にどうしていつも吠えるの?
 ★お留守番している時は何を考えているの?

…こんなことが分かったら、動物さんとの毎日がもっと楽しい幸せなものになっていくはずです。  アニマルコミュニケーションは【占い】ではありません。お話の結果をお渡しすると、皆さま笑いながら『すごい!当たってる!』とおっしゃいます。当てていませんよ。動物さんからそう言われたのをそのままお伝えしているだけです。私たちは【占い師】ではなく【アニマルコミュニケーター】です。 アニマルコミュニケーションでは【要望】はできません。 
例えば『吠えるのをやめてほしい』『噛みつかないようにしてほしい』というご要望があったとします。

吠える・噛むなどの動物さんの行動には必ず原因があります。ご家族がきちんと観察をし、そのために動物を学ぶことで解決することがほとんどです。 アニマルコミュニケーションで動物の問題行動を直すことや、動物にお願いをする事はできません、あくまでコミュニケーターが動物さんからのお話を受け取る事が目的です。 しつけや問題行動でもお困りでしたら併せて各地のトレーナーさんをご紹介します。 FUKURENDOHは【強制系】と言われるリードッショックやマズルを掴む・叩く・蹴るなどのしつけ方法は一切推奨しませんし反対派です、そのようなトレーナーを紹介することもありません。 人と犬がHappyな毎日を過ごせるようなトレーニングを日々続けていますので、ご理解いただける方のみお願いいたします。 犬・猫・小動物など、人と一緒に生活をしている全ての動物とお話をすることが可能です。 野生動物は人と一緒に生活することを選ばないで野生動物として生きている部分もあるため、困難です。 お話する段階で生きている動物さんが対象となります。( 虹の橋を渡ってしまった動物さんは没後1年以内でしたらご相談ください。) 毎日の生活で、ご家族が疑問に感じている事をアニマルコミュニケーションというツールで解決してみませんか? FUKURENDOHアニマルコミュニケーションの使い方  ☆お財布に優しくなっています

(好きなもの嫌いな物が聞けるので、おもちゃなど買う時に無駄なお買いものが激減したため、参考になっています。動物の気持ちや好きなもの等もコロコロ変わります。なので時期に合わせてお話することも非常に多いです。リピーターさんもたくさんいらっしゃいます。)  ☆信頼感がUPしています

犬の気持ちを直接聞く事で人間がそれを理解して生活に落とし込むため、ストレスが減っているように実感しています。

ローレンマッコールさんの著書をお勧めしています。

アニマルコミュニケーションを取得したにあたり、教えて下さった先生はローレンマッコールさんのもとで学びをされた方です。

難しい技術も必要なく、集中力を高めることでお話ができるようになると思います。 お申し込み方法 fukurenfdohinfo★gmail.com へメールでお問い合わせください。 (★を@に変えてメールにてお願いいたします)

その際以下をお願いします。  【飼い主さん情報】

 お名前・ご住所・お電話番号(携帯電話OK)  【動物さんの必要な基本情報】

・お名前(フルネーム)

・生年月日(保護した場合は保護した時期と推定年齢)

・犬種

・性別

・同居しているご家族(人)のお名前

・愛犬に対して飼い主さまのことを何と呼んでいるか(例・お母さん、ママなど)  【写真を1枚お願いします。】

両目がはっきり確認できる、お話対象の動物さんだけで洋服を着ていない状態の写真

↓↓見本↓↓※笑っていても無表情でも構いません。

FUKURENDOHアニマルコミュニケーションは写真1枚で行いますので、直接お会いしてお話する必要がありません。  【キャンセルについて】

以下の場合にはご返金の対象となります。 
『ワンちゃん側による【お話】の拒否』(ごくまれに発生する場合があります)  【以下に該当する場合はお受けできません】  1・ご自身のワンちゃんでない場合  2・アニマルコミュニケーションを習得なさっている方 
3・アニマルコミュニケーションが興味本位の場合  【お支払方法】

料金 ¥6,000(諸費用税込)

打ち合わせ終了後にお支払い方法をご案内いたします。7日以内にお支払い下さい。 
※お支払頂きました後のお客様都合でのご返金はお受けしておりません。  【お話の内容ご報告は以下の方法からお受け取りください】1・メール

2・お手紙

3・お会いして(60分程度・モノマネ付き)